査定結果を良くするためには「比較」と「交渉」が大切

中古車買取業者を利用して車を売る場合、どの中古車買取業者を利用して査定を受けるのか・何件の業者に査定を依頼するのかと言った事で買取価格には大きな違いが出てきます。より高く車を売りたいと思うのであれば、やみくもに中古車買取業者を選び、取りあえず査定を受けるといった方法では無く、しっかりとした基準を持って中古車買取業者を選んだうえで結果を比較していくということが大切です。

 

同じ車を同じ時期・状態で査定してもらったとしても、その結果には多少なりと差が出てきます。それは、各買取業者によって設定している「自社買取相場」が違いますし、査定をするスタッフによっても評価が変わってくるためです。大手の場合、査定自体はシステムで行うことが多いのですが、まずは人の目で見て気になるところが無いかをチェックしてからシステムにかけられます。その為、評価が厳しいスタッフの場合と甘いスタッフの場合とでは差が出てきますし、そのようなシステム自体を使っていない中小の中古車買取業者の場合には見る人の価値観や感性が結果に大きく影響します。同じ中古車買取業者であっても差が出る訳ですから、そもそもの買取基準が違う他社であればその差も大きくなりやすいということになります。その為、1社でも多くの買取業者を利用して査定を受けるということはとても重要なことになるわけです。それぞれの中古車買取業者ごとに出された結果を比較し、その中から最も高い評価を付けてくれたところと契約をすれば簡単に買取価格をアップさせることが出来ます。

 

単純にそれだけでも買取価格アップを実現することは可能ですが、更に買取価格アップを目指したいという場合には「交渉」を行うことが有効です。それまでに手に入れた査定結果を比較し、2番目以降の中古車買取業者に「A社はもっと高い査定を付けてくれているが、もっと高くならないか?」と持ちかけ、交渉に乗ってくれたら今度は他のところに交渉を持ちかける、仮に交渉に乗ってもらえなければ3番目以降のところと交渉していくといった感じです。それによって順位が逆転すれば再度1番良かった結果をもとにして2番目以降の中古車買取業者と交渉をするといった事を繰り返していけば、限度はあるにしても買取価格はアップします

 

基本的な仕組みとして、どれだけ高価買取りを謳っているところであっても本心は「少しでも安く買取りたい」と思っています。その為、結果にはどうしても一定のマージンが含まれているため、その部分を如何に少なくしていくことが出来るかという点が高額売却には大きなポイントになります。何も言わなければ中古車買取業者側が期待したマージンを残したままの契約となってしまいますが、しっかりと交渉を行っていくことで限界までマージンを減らすことが出来るので買取価格がアップする訳です。ただし、この方法を用いたからと言って100%買取価格がアップすると言う訳ではありませんが、金額の大小を問わなければほぼ確実に買取価格はアップさせることが出来ます。

田舎の車ディーラー記録新着記事

2015/06/19 15:47:19 |
車を選ぶ基準の1つは、乗り心地です。できるだけ乗り心地が良い車を選びたいと思うのは、やはり自然な発想でしょう。例えば、デコボコ道に対する強さは案外大切ですね。デコボコ道を走るとなると、車がある程度揺れるのは仕方が無い一面があります。しかしそれも車によって、揺れ方が大きく異なる一面があるのですね。たとえデコボコ道になっていても、比較的揺れづらい車があるのも事実です。突き上げ感で乗り心地に問題があった従来のハイエースところでトヨタから販売されているハイエースは、実は従来はそのデコボコ道に対する弱さが...
2015/06/08 01:39:08 |
車を高く売るためには様々な工夫が必要になるということを理解しているユーザーは少なくありませんが、いざその方法を実践しようとしたときには時間や労力の面から途中で妥協してしまったり、そもそも工夫自体を行わずに手近なところで決めてしまうという方も少なくないようです。しかし、せっかく高く売れるものをみすみす安く売り渡してしまうということは勿体ない事ですし、一度契約をしてしまえばあとになって変更するということも出来なくなってしまうので、やはり最初からしっかりと方法を実践していくことが必要になります。そこで...